足汗と足のニオイを改善させる方法

足にかく汗と足のニオイに悩んでいる人は非常に多いと思います。
特に仕事で革靴を履いたりする機会が多い人は足のニオイが特に気になるはずです。

足汗の原因は靴の中の温度が急上昇して熱くなっているからで、足汗をかいたと思って靴を脱いで見ると足がとても熱くなっているのが分かります。

足汗を放置しておくとだんだんと靴の中や靴下が汗の湿気で湿ってきて、湿った場所には雑菌が繁殖するので、雑菌や時にはカビが大繁殖して強烈なニオイを放つようになってしまいます。
足汗を防止しようと思ったならば、とにかく通気性を向上させることに尽きます。

普通の革靴を履いていてはどうしても風通しが悪いので、革靴でも最近では、靴のそこに穴が開いていて通気性を高めたものが販売されているのでこういった製品がおすすめです。
通気性を高めるとともに、靴下も通気性のいい商品、そして抗菌作用がある靴下がベストといえます。

靴下をはいているために汗をかいてしまってその靴下が汗を吸収しにくいものであったり、抗菌作用が無いものであった場合、雑菌を繁殖させる元となってしまうので、靴下選びも十分注意したいところです。

また、革靴をはかなくていいときには、通気性のよい靴にかえる事もベストです。
また、オフィス内では、サンダルをはいたりすることにより、より足を乾燥させることができて足汗を抑えることが出来ます。コチラも参考に足汗を止める対策

可能な限り通気性の良い靴を使用するように心がけることが大切といえます。
また、自宅ではお風呂に入った時には足の指の間までしっかりと洗うことも大切です。

お風呂でしっかりと雑菌を洗い落とすことで翌日の雑菌の発生を抑えることが出来ます。
そして、足のつめなどもこまめに切っておくことも大切です。

足汗をかいたときに足のつめの間にも雑菌などが繁殖してくさいニオイの元になっている時もあります。深爪をする必要はありませんが、こういった足の手入れもきちんとしておくことも足のニオイ対策には効果的です。

嫌な足の臭いは、ラポマインで解消できました

足の臭いは男性だけかと思っていたのですが、違うのですね。
私は毎日素足にストッキングを履き、職場に行っています。

8時間労働を終え自宅に帰ってきて、脱いだストッキングの指部分の臭いをかいでみました。
そしたら凄く臭くて、ショックを受けました。臭いを例えて言うなら、イチョウの実に酢を振り掛けた感じでしょうか。ツンとした、とても嫌な臭いがしました。

もしかしたらパンプスも臭うかもしれないと思い、玄関に行き臭いを嗅いでみました。
ストッキングほど強烈ではありませんでしたが、やはりツンとした嫌な臭いがしました。

これでは女性失格だと思い、急いでネットで足の臭いを消臭してくれるアイテムを検索しました。
そしたら「ラポマイン」に、辿り着きました。

イソプロピルメチルフェノールと柿渋エキスが配合されているので、消臭力は強力だと思いました。更に90日間の返金保証も付いているので安心だと思い、試しに1本購入してみる事にしました。

朝出かける少し前にラポマインを指先に適量取り、足全体と指の間に優しく刷り込むように塗りました。瑞々しいテクスチャーでとても伸びがよく、サラッとした使用感が気に入りました。

それからストッキングを履いて、会社に行きました。
勤務を終え自宅に帰ってきて、恐る恐る自分の脱いだストッキングの臭いを嗅いでみたら、「あれ?」あのツンとした嫌な臭いがあまりしませんでした。
「ラポマインは良いかも!」と思い、その後も毎日使用を続けました。

使用して1ヶ月程したら酷かった足やパンプスの臭いが、全く気にならなくなったので凄く嬉しかったです。

今までは足指の間がじめじめしていて気持ちが悪かったのですが、ラポマインを使用するようになってからは、サラサラとした状態に変化してくれました。

手の平サイズなのでバックに入れて持ち運びも便利ですし、先端がポンプ式なので最後の一滴まで衛生的に使用できるのが、良いですね。これからもリピートして行くつもりです。

関連する記事:足汗と足のニオイを改善させる方法

足の汗の臭いを根こそぎ取る!

日本人の中でも、足がムレて独特の異臭を放つ人は結構いるんですね。
それは男性だけでなくとも女性の人もそうです。

靴の中がムレて、思わず鼻を摘んでしまいそうになります。
冬場のブーツもそうですが、これからの夏に向かっては、まさにそうですね。

こんな足汗の臭い対策って、どんな方法があるでしょうか?
足のケアと靴のケアの両方を考える必要があります。
足のケアの基本は毎日、コマメに洗うこと。
当たり前のことですが、汗や汚れが溜まりやすい指の間も洗ってください。

そして、制汗スプレーやローションで清潔にしておきます。
また、靴下の替えも用意しておき足汗をかいたなら、履き替えることも大事です。
それだけでもかなり変わってくるものです。

しかし、体質的に汗をかきやすい人も少なくありません。
このような人は靴のケアも常に行っておくことも必要です。

その1つは同じ靴を連続して履き続けないこと。
2足か3足用意してローテションしながら、毎日、靴を替えることです。

そして、1週間に1度は靴の虫干しをした方が湿気も取り除いておくのです。
また、新聞社を靴の中に入れておくことも湿気取りと消臭に強い効果を発揮します。

これは結構メジャーな方法で、古新聞紙を丸めて1日中、虫干しと当時に日陰に置いておきます。
新聞紙に使われているインクが消臭の効果を持っているようですし、紙自体が水分を吸収してくれるので、一石二鳥なのです。

これらをやることで脚汗によるムレや異臭をかなり押さえることができるのです。
しかし、これだけやっても異臭が止まらない人もいます。

最後の手段としては、足汗防止、靴の消臭効果の高いパウダーを使うことです。
グランズレムディという外国産のパウダーです。

片栗粉のような細い粉なのですが、これを少しだけ靴の中にふりかけるだけで、臭いを消すことができるのです。
ココナッツを原材料にしているかと思いますが、1週間程、使い続けると、2、3ヶ月は消臭効果がつづくとされています。

足汗に夜匂い対策の最後の手段として使ってみるのもいいかもしれません。
その他の足汗と足のニオイを改善させる方法はコチラ