足汗と足のニオイを改善させる方法

足にかく汗と足のニオイに悩んでいる人は非常に多いと思います。
特に仕事で革靴を履いたりする機会が多い人は足のニオイが特に気になるはずです。

足汗の原因は靴の中の温度が急上昇して熱くなっているからで、足汗をかいたと思って靴を脱いで見ると足がとても熱くなっているのが分かります。

足汗を放置しておくとだんだんと靴の中や靴下が汗の湿気で湿ってきて、湿った場所には雑菌が繁殖するので、雑菌や時にはカビが大繁殖して強烈なニオイを放つようになってしまいます。
足汗を防止しようと思ったならば、とにかく通気性を向上させることに尽きます。

普通の革靴を履いていてはどうしても風通しが悪いので、革靴でも最近では、靴のそこに穴が開いていて通気性を高めたものが販売されているのでこういった製品がおすすめです。
通気性を高めるとともに、靴下も通気性のいい商品、そして抗菌作用がある靴下がベストといえます。

靴下をはいているために汗をかいてしまってその靴下が汗を吸収しにくいものであったり、抗菌作用が無いものであった場合、雑菌を繁殖させる元となってしまうので、靴下選びも十分注意したいところです。

また、革靴をはかなくていいときには、通気性のよい靴にかえる事もベストです。
また、オフィス内では、サンダルをはいたりすることにより、より足を乾燥させることができて足汗を抑えることが出来ます。コチラも参考に足汗を止める対策

可能な限り通気性の良い靴を使用するように心がけることが大切といえます。
また、自宅ではお風呂に入った時には足の指の間までしっかりと洗うことも大切です。

お風呂でしっかりと雑菌を洗い落とすことで翌日の雑菌の発生を抑えることが出来ます。
そして、足のつめなどもこまめに切っておくことも大切です。

足汗をかいたときに足のつめの間にも雑菌などが繁殖してくさいニオイの元になっている時もあります。深爪をする必要はありませんが、こういった足の手入れもきちんとしておくことも足のニオイ対策には効果的です。

2015年7月10日 足汗と足のニオイを改善させる方法 はコメントを受け付けていません。 足汗と臭い